実業団からプロ転向。陸上走り幅跳び8mジャンパー、33歳新たな挑戦。

キッチン用品のお店「エコキッチン」を運営する、 エコキッチン株式会社(千葉県我孫子市、代表:柳川 実)は、「食事✕運動=健康」をテーマにアスリートとの専属マネジメント契約を締結致しました。

走り幅跳び跳躍自己ベスト8m5cmの記録を持つ、現役ジャンパー猿山力也はモンテローザ陸上部の廃部により、6月よりプロ選手に転向した。

今後は、国内外企業とスポンサー契約を結びプロ選手として活動していく。

8m超えの記録を持つ現役選手のなかで最年長となる。 


「陸上界ではプロ化が進んでいない状況を自分が先人を切って変えたい。」 

と話す猿山力也。

陸上競技が色々なスポーツを選択する上でのコントロールテストになり得る。
陸上競技に興味をもってもらい、人口を少しでも増やしたい。
自分が現役をし続ける事で若い選手達に刺激を与えたい。
この思いが、プロ転向への背中を押した。
現在、プロ活動として、陸上競技の魅力をより多くの方に知ってもらうため様々な活動を行っている。日常から陸上競技のエッセンスを取り込んだ企業を対象とした健康増進プログラム「コリとり教室」や、猿山の地元である千葉県流山市の小学生を対象にした「かけっこ教室」を実施し、カラダを動かすことの大切さや、走る楽しさを自身で伝えている。
※流山市キッコーマンアリーナで7月より開催するかけっこ教室においては、定員数を遥かに上回る応募があり只今キャンセル待ちの状態となっている。 


■今後の活動予定■ 

6月24日(土)第101回日本陸上競技選手権大会 出場

6月27日(火) アクセサリーブランドロケ撮影(潮風公園)

7月から 株式会社東京ドームスポーツ主催 かけっこ教室(流山市キッコーマンアリーナにて開催

7月から 杉並区中学校 指導員

7月から 渋谷区小学校 指導員

7月5日(水) アマチュア野球チーム スプリントコーチ 

7月8日(土) 東京農業大学第三高等学校 CASプログラム(パネルディスカッション) 

7月下旬 日野市中学校 合宿指導員


猿山力也はこう語る。
「陸上競技は個人競技にも関わらず、競技のパフォーマンスアピール、すなわち記録でアピールする考えが強過ぎる。記録を出す事は勿論大事な事ではあるが、せっかく個人種目で1人に設けられる時間も決まっている種目もある中、記録だけに集中し過ぎてしまい、本来もっと個性があって面白い選手であったとしてもアピール出来ているのは競技パフォーマンスだけという選手が大半。

パフォーマンス力と選手個人の個性をアピールしながら競技が出来る世界になったら面白いのではないか。」 

プロという立場から陸上界の常識を変えていく活動を積極的に行っていく。 


【猿山力也公式サイト】

http://www.saruyamarikiya.jp/

柳川 実

高校を辞めてから色々やって、今も色々やってます。今は子供に夢を与える仕事のお手伝いに夢中です。
【現在の肩書】エコキッチン株式会社 代表取締役/流山ホークアイ GM/猿山力也 マネージャー
【以前の肩書】建設現場 型枠大工/家電量販店 携帯電話販売員/キャバクラ キャバクラ店員マネージャー/新聞屋 新聞配達員/バイク屋 バイク整備/ラーメン屋 皿洗い

eco-kitchen/エコキッチン株式会社

楽しいことを”やる”集まり